エンタメ

ゼロベースで考えよう

ゼロベースで考えよう

(公開: 2014年11月26日 (水)

「スプレッド」とはFXは外貨を取引して利ざやを得る商取引です。

 

売買の値は四六時中上下しています。

 

これがマーケットです。

 

インターネットを見ていると、マーケットの話題が流れる状況があります。

 

「現在のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

これは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという事を表しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを意味しています。

 

要するに、売買には買値と売値の価格があります。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と提示している取引会社もあったりします。

 

平常時には売値のほうが買値よりも安い価格に設定されるものです。

 

あなたが買値は高く、売値は低くなるのです。

 

その差額をスプレッドといい、取引業者の収入の1つになっています。

 

スプレッドの幅は取引会社によって異なります。

 

スプレッド幅は投資家にとって費用になるので、狭いFX会社をセレクトしたほうが儲けられます。

 

ただ、同じ取引会社でも場面によってスプレッドの広さは拡大したり、縮小したりします。

 

例えば日常的にはドルと円のペアでわずか1銭のスプレッドであるとしても、為替の変動がとても激しい場合には大きくなったりします。

 

そのため、スプレッドの広さが狭いのと同じく変化しないのが不可欠です。

 

最近では固定したスプレッドの狭さを提示するFX取引会社もあったりします。

 

実際にFX会社の売り買い画面の上で実際のマーケットを見て確認しなければ区別できないのですが不可欠な事です。

 

重要な財産を使ってエントリーしますので、実際の注文の前に、興味があるFX業者の新規取引口座開設を積極的にして提示されているスプレッドの差を見ておきましょう。

 

同じ通貨ペアでもそのタイミングの為替相場のボラティリティによってスプレッドの狭さは異なる場合があります。

 

たいがい、インターバンク市場で取引量の多くて、流動性の高い通貨ではスプレッドが小さく他のペアではスプレッドが広がる傾向にあります。

 


テスト

テスト

(公開: 2014年9月23日 (火)

テスト記事です。